ピアノと私

3歳からピアノを習いはじめ、幼少より個人レッスンとソルフェージュクラスにて根気よく基礎を鍛えて下さった恩師のお導きにより、音高音大に進学しました。
学生時代も素晴らしい先生方に師事し、さまざまな考え方、演奏法を教えていただきました。
現在もご指導いただいている渡部由記子先生の1音1音を突き詰めていくレッスンのスタイルは新鮮でした。
レッスンに伺うと、目の前がぱっと開けるようなわくわくした気持ちを何度も味わい、基礎から演奏の表現法、指導法に至るまで多くの教えをいただきました。

音大を卒業したのち、在学中よりはじめた指導と演奏の活動をしていましたが、より広い視野を持ちたい、また社会経験を重ねたいと考え、国際線客室乗務員になりました。
選ばれた優秀な人材とのチームワーク、日々出会う多くのお客様から、特に人と人とのコミュニケーションについて、たくさんの学びをいただきました。
相手の求めるものを探り、大きな満足へとつながるよう心を尽くし手を尽くし、頭の中では常に2つ3つのことが同時進行しているような状況に鍛えられ、とてもタフになりました!
ピアノへの愛情は在職中も持ち続けており、ステイ先ではコンサートやミュージカル、また美術館などに足繁く通い、たくさんの刺激を受けました。
帰国後の演奏会のために各国で練習場所を探して走り回ったりすることも、大変ながら面白い経験でした。

退職後は、恩師の川島佐紀氏のもとで指導の経験を積みました。
週に50~60人の生徒さんのレッスンをする大変な日々でしたが、たくさんの個性に出会い、その子なりのより良い形を求めた、とても貴重な学びの日々でした。

自分の教室を立ち上げてからは、ひとりひとりにより丁寧な長期的に見据えた指導をしたいと考え、生徒さんやご父兄と真摯に向き合っています。

少々変わった経歴ですが、今までの自分の全ての経験をプラスに活かし、ひとりひとりにより良いレッスンを提供すること、また、私自身も常に向上心を持ち指導力を高めていくことをいつも忘れずに、ご縁をいただいた生徒さんたちを大切に、日々歩んでいます。