レッスン理念・方針

レッスン理念

◆基礎をしっかり学び、読譜力やテクニックを身につけましょう。

ピアノは、どなたでも音を出すことができます。
そしてオーケストラのようにさまざまな音色を奏でてくれるすばらしい楽器。
より美しい音色を奏でることができたら、何倍も素敵なことではないでしょうか。
楽譜が読めなくても、耳からの情報と勘で、なんとなく曲を弾くことができる方もいるでしょう。
でも、楽に楽譜を読むことができれば、弾きたい曲をいつでも弾くことができますし、ピアノを弾くことが更に楽しいものとなるはずです。
レッスンでは、ソルフェージュも積極的に取り入れて、多角的なアプローチをしています。
スポンジのような吸収力を持った子供時代に、手の形や音の出し方など基礎をしっかり学び、読譜力やさまざまなテクニックを身につけましょう♪

◆柔軟で豊かな心を育みましょう。

絵本や物語を読んだり、お芝居を観たり、生の演奏を聴いたり、
自然の中でさまざまな色の花を見たり香りを嗅いだり、葉っぱの手触りを感じたり・・・子供たちには五感を駆使して、心を動かされる体験をたくさんしてほしいと願っています。感受性や想像力が豊かなことは、音楽の表現にとても大きな影響を及ぼします。
教室レッスンでも、花やハーブを飾ったり、アロマオイルを焚いたり、時には我が家の小さな犬と戯れたり、子供たちの心がやわらかくなるような環境づくりを心がけています。
レッスンにおいても、子供たちの心を萎縮させてしまったら、彼らの吸収力は充分に発揮されないでしょう。
基本的なスタンスとして、生徒さんたちとは「仲良し」でいたいと思っています。
子供たちやご父兄とはよくお話しをして、ひとりひとり親戚のような気持ちで大切にお付き合いしています。
毎週のピアノのレッスンが楽しみのひとつになったら、こんなにうれしいことはありません。
子供たちの「心を育てるピアノ教室」でありたいと思っています。

◆それぞれの長所を伸ばし、可能性を花開かせましょう。

レッスンでは、小さなことでも必ず、良かったことや頑張ったところを見つけて言葉に出してほめること、認めることを心がけています。
子供たちの中に眠る無限の可能性を花開かせてあげられるように、それぞれの長所・短所を見極めて、ひとりひとりに合った言葉や方法でアプローチしています。

◆自分で考える力を身につけましょう。

レッスンでは、こちらが一方的に伝えるのではなく、ちゃんと伝わっているか、本人の言葉や音で確認するようにしています。
相手の話をきちんと聞くこと、また積極的にレッスンに臨む姿勢を身につけてほしいと思っています。
私の言葉がうまく伝わっていないときには、表現を変えるなど、ひとりひとりに合わせて理解頂くように取り組みます。

レッスン方針

◆ひとりひとりのご希望や目標に合わせた最適なレッスンを行います。

  • ピアノが上手になりたい
  • コンクールにチャレンジしてみたい
  • コンクールで更に上を目指したい
  • 音高・音大に進学したい

ピアノを習うきっかけや目標はさまざま。
生徒さんひとりひとりの志に合わせた、最適なレッスン方法で支えて参ります。

◆ピアノを通して豊かな人間力を培います。

ピアノは、毎日の積み重ねが大切です。
コツコツと日々練習を積み重ねていくのは努力のいることですが、ひとつのことを粘り強く長く続けた経験は、将来何にも代えがたい大きな自信へと変わっていきます。
また、発表会やピティナ・ピアノステップ、更にはコンクールへの挑戦により、全力で頑張り、その先に何かしらの手ごたえや成果を得る体験をすることで多少の困難には負けない強い心が育ち、エネルギーに溢れた人へと成長していきます。
可愛い子供たちも、将来、受験や入社試験、その先の人生が関わる大きな勝負をしなくてはならないときが必ずやってきます。
例え音楽の道に進まずともピアノをしっかり習うという経験は、子供たちの人生の中で必ず大きく役立つ人間力を培ってくれます。

◆ピアノは人生のさまざまな場面で、子供たちの大きな支えになります。

人を感動させたり、勇気付けたり、癒したり、音楽は誰の人生にも欠かせないものです。
ピアノを自分のために、誰かのために、美しく奏でることができたらどんなに素敵なことでしょう。
私は社会勉強のため、国際線客室乗務員として航空会社に勤務した経験があります。
美しく優秀な人たちの集まる中で最初は自信が持てませんでしたが、ステイ先で食事に出かけたレストランなどで頼まれてピアノを弾くと「違う人みたい!」と喜んでもらうことができ、ピアノが弾けることはCAをしている私にとっては個性の一つとなりました。
また、ひとつのことを長く頑張り続けてきた、ということを評価し信頼してくれる仲間も多く、空の上でもピアノは私を支える大きな力となっていました。
自分のキャパシティを超えていると思われるような大きな任務を与えられた時にも、ピアノで養った粘り強さで乗り越えることができました。
合唱の伴奏をしたり、特技を発表する会で演奏したり、コンクールの入賞を全校生徒の前で表彰してもらったり、生徒さんたちもピアノが弾けることによって、学校でも良い注目を浴びているようです。