13 / 08 / 2017

前代未聞の大事件・・・

By 福山奈々 /

それは数日前のことです。

午前中のレッスンを終え、最終日を迎えたPTNAピアノコンペティションの本選、デュオ部門に出場する生徒さんの演奏を聴きに向かう途中、生徒さんのご家族から連絡が入りました。

7月26日に、じゅんいちろうくんそういちろうくんが受けた連弾中級Bの本選で手違いがあり、優秀賞となっていた彼らが、本当は2位で本選を通過していた、とPTNAから連絡が入ったというのです。

そして、全国決勝大会出場の意思を問われたので、もちろん出ます、と答えましたと。

えーーーーーーーっ!!!!!

はーーーーーーっ?!?!?!

何が起きたの?

どういうことなの?????

もう私、パニックでした。

生徒さんたちがコンクールに挑戦し始めてから6年ほど経ちますが、結果が間違っていたなんて、始めてのことです。

去る7月26日、順当に予選を突破したじゅんいちろうくんそういちろうくんのデュオは連弾中級Bの本選を受けましたが、全国決勝大会に通過したのはたった1組、彼らは優秀賞でした。

その日の本選通過は実は2組と決まっていたのに、コンクール運営本部から審査員の先生方への連絡ミスにより、1組しか通過させていなかったらしいのです。

そして、その日彼らは第2位の点数をいただいており、本来ならば全国決勝大会への出場が決まっていたのに、優秀賞とされてしまっていたというのです!

どうして今頃?

もう2週間も経ってしまっているというのに、今頃ひどい!

あの場でがっかりした彼らの気持ちはどうしてくれるの?

悔しくてしばらく気持ちがおさまりませんでした。

結果発表の掲示で、1番上の「全国決勝大会進出」の欄に自分たちの名前を見つけた時の喜びは、頑張ってきた子供たちにとってどんなに大きなものか、計り知れません。

…でも同時に

今年もじゅんちゃんそうちゃんの双子デュオが、全国大会のステージで演奏できるんだ!

またレッスンで2人と一緒に演奏を作り上げていくことができる!

2人の努力に、ちゃんと結果がついてきていたんだわ!

評価されていたんだわ!!!

と、どんどんうれしい気持ちも溢れてきて、もう何だかよくわからなくて気持ちの整理もつかず、人目を気にすることもできずに駅の改札近くで私は、しばらく涙が止まりませんでした。

完全に変な人です・・・。

もちろんその事実を聞いた2人は大よろこびです??

その日の夜、ご家族とも話し合い、前向きに捉えてとにかく全国決勝大会に臨もう、ということで気持ちを切り替え、私たちは新たなスタートを切りました。

彼らに残された本番までの期間はたった1週間です。

本人たち、ご両親、私、一丸となって、当日彼らがステージで悔いなく最高の演奏ができるよう、力の限りを尽くして突き進みます?

PTNAには大変お世話になっていますし、色々なチャンスをいただき、その存在をとてもありがたく思っていますが、こんなことは2度とあって欲しくありません。

PTNAのHP内、コンクールページのトピック欄に、ひっそりとお詫びの記事が載り、結果のページが更新されました。

http://www.piano.or.jp/compe/news/2017/08/10_23355.html

今回は連弾中級Bの部門で、全国7地区で同じ間違いが起きていたとのことです。

子供たち、ご家族、指導者がどんなに真剣にコンクールに取り組んでいるか、ひとつひとつの結果はどんなに大きいものかを認識していただきたいです。

そしてそこに一切の間違いを起こさない細心の注意を払っていただくことを、心の底から願います。

昨年は連弾中級Aで全国大会ベスト賞をいただき、今年は高校生・大学生・大人たちの中に混じってひとつ上の級に挑戦したじゅんちゃんそうちゃん、何はともあれ中級Bでも全国決勝大会出場、本当におめでとう❗️

先生も本当に本当に本当〜に、うれしいよ?✨